Sponsored Links
カテゴリ
新着記事
お気に入りリンク

ロンシャン初登場

パリのロンシャン競馬場でディープインパクトが
スクーリングと芝コースでの追い切りを行いました。


追い切り前には、ロンシャン競馬場の厩舎地区やパドックを
スクーリング。

なんと日本と英仏の計80人の報道陣が集合したそうです(^^ゞ
さすが、凱旋門賞の3強の1頭ということで、注目されていますね。

池江泰郎調教師と金子真人オーナーが見守る中、現地厩舎の馬、
帯同馬ピカレスクコートと3頭で芝コース入り。

スタート地点から最初は流し気味で、4コーナーから直線で
外に持ち出されると終い2ハロンを強めに追われ、
終い1ハロン12秒2だったそうです。

武豊騎手のコメントは「ちょうどいい状態。心配なのは騎手。」
と笑いも交えたもので、調子がいい証拠と思われます。

本番まで、あと2週間弱!

もうすぐですよ〜(^o^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23733203

この記事へのトラックバック

ディープインパクトは凱旋門賞を制覇する?
Excerpt:  10月1日フランスのロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞に出走するディープインパクト。  凱旋門賞は2400メートルで行われ、過去10年の平均出走頭数は15.2頭で激戦が予想される。  相手もシ..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2006-09-14 16:07

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。